Linuxコマンドを勉強~history、alias~

history

コマンドの実行履歴を表示するhistoryコマンドです。

historyとだけ入力して実行すると、以前実行したコマンドが番号付ですべて表示されます。

といった感じです。
そして、履歴のコマンドをもう一度実行するなら、

とします。ただし、有無を言わさず再実行するので注意した方がいいです。
以前の履歴をコピー編集してから実行したいときは、historyで表示させてからその内容をコピーして編集するか、↑↓キーでコマンドラインに表示させて編集することになります。

とすると、コマンド履歴の中で、その文字列から始まる最も直近に実行したコマンドを実行します。

直前のコマンドを再実行したい場合は、

と打つだけ。↑でいいのでは、とも思ったのですが、↑キーのないキーボードもあるのか矢印キーのない時代の名残なのか・・・とにかくLinuxは矢印キーを使わなくても大丈夫なようにできてます。

最後に、コマンド履歴は削除することができます。

と-cオプションを指定すると、コマンド履歴がすべて削除されます。clearのcですね。

と-dオプションを指定すると、指定した番号の履歴を削除します。deleteのdだと思います。

alias

続いて、コマンドに別名を付けることができるaliasコマンドです。

例えば、コマンドによく使うオプションを付けて別名保存しておけば、次回実行からはいちいちオプションを入力する必要はなくなります。コマンドが短くて済む、という利点もあります。

aliasとだけ実行すると、現在保存されているコマンドの別名が表示されます。

といった具合です。別名の保存は、alias 別名=コマンドとなります。
コマンド+オプションを保存したい場合は、シングルクォーテーション(‘)で囲みます。

また、別名を削除したい場合は、unaliasを使います。

とすると、その別名は削除されます。

広告
  • LINEで送る